PMSの症状は主に2種類、身体と精神どちらもツライ!

PMSの症状は主に2種類、身体と精神どちらもツライ!

 

PMSは女性特有の症状で、生理に深く関係した病気といえます。そのためPMSは長い間、向き合っていかなければならない症状ですし、生理が始まる前にはほとんどの女性に起きる症状でもあります。

 

PMSは月経前症候群と呼ばれる症状ですので、上手に付き合っていかないと月経前に体調を崩したり精神的に不安定になったりしてしまいますので、PMSの症状を正しく理解し、その症状がPMSによるものなのかどうかを判断することも必要になってくるでしょう。

 

PMSが精神面に与える影響

 

PMSの症状は心と体の両方に様々な影響を与えてしまいます。その症状は非常に多いですし、人によって現れる症状も異なるためなかなかPMSへの対処が難しいのも特徴です。

 

PMSが精神面に与える影響と現れる症状としては精神的に情緒不安定になるため、常にイライラする、周りの人に対してキツくあたる、精神的に憂鬱な状態が続く、急に悲しくなるといった症状が現れます。

 

情緒不安定になりやすいため、仕事に集中できない、何をやっても上手くいかないといったこともPMSの影響で起きてしまう場合があります。

 

そのためPMSの症状は日常生活だけでなく仕事などにも多大な影響を与えますし、注意しておかないと仕事でのミスなども増えてしまう恐れがあります。

 

そのためPMSが精神面に与える影響は非常に大きいと言えますし、PMSによって常にぴりぴりとした精神状態が続くことも考えられますので、それによるストレスも増加することになります。

 

PMSが体に与える影響

 

 

PMSは精神面だけでなく体にも多大な影響を与えてしまいます。精神面では情緒不安定になりやすいわけですが、体に現れる症状としては肌荒れやむくみ、お腹のハリや腰痛、倦怠感や頭痛といった様々な症状が現れてきます。

 

寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚めるなど夜眠れない不眠の症状が現れる場合もあり、それが続くことにより精神面への影響も更に大きくなってしまいます。

 

疲れやすくなるため普通に生活しているだけでも動くのが面倒になりますし、PMSの症状が現れると体重も一時的に増加することにもなります。その為体へ現れる症状も非常に多く、精神面への影響も手伝って更に症状が悪化することもあります。

 

PMSの症状を軽くするには

 

女性ならではの症状ですし、生理が続く限りどうしても避けて通れない症状といえます。そのため、PMSと上手に付き合っていくことが重要ですし、生活習慣が乱れているとPMSの症状が出やすくなってしまいます。

 

PMSは女性ホルモンの乱れから起きる症状ですので、生活習慣を見直し疲れを溜めないことや不規則な生活をしないことで、ホルモンバランスの崩れを最小限に抑えることが出来ます。

 

食生活等も重要で、バランスの取れた食事を心がけ、健康的な生活を行うことでPMSはかなり軽減することが出来ます。そして最も大事なのは気持ちをリラックスさせて生活をするということです。精神的に張り詰めた生活はPMSの症状が出やすくなりますので、まずは生活自体を見直すことから始めると良いでしょう。

▽ 生活、食事改善で治るくらいなら、元から酷いPMS症状は出ません。50代まで続くPMSに振り回されないよう早く改善させるサプリを紹介しています。