カフェインがPMSに与える悪影響とは?

カフェインがPMSに与える悪影響とは?

 

PMSは生理前症候群と呼ばれる女性特有の症状で、PMSが発症してしまうとイライラしたり体調が優れない、頭痛や倦怠感といった様々な症状が出てくることになります。

 

PMSの症状が酷い場合は起きているののも辛いといった状態になる場合もあるためできるだけPMSの症状を緩和することも重要になります。

 

PMSの症状には実はカフェインが深く関わっており、カフェイン摂取とPMSの関係を知ることで症状を和らげることも可能になります。

 

PMSとカフェインの関係とは?

 

PMSは生理前症候群と呼ばれるため、生理が始まる前に起きる症状となります。その為生理前の生活には非常に注意が必要で、その中にカフェイン摂取というものも含まれることになります。

 

カフェインと言えば毎日何気なく飲んでいるコーヒーなどに含まれる成分で、少量の摂取であれば眠気を防いだり集中力がアップする、脳卒中の抑制効果があるなど身体へのプラスとなる要素が非常に多い成分です。

 

しかし、PMSに関して言えばカフェインは症状を悪化させる要因の一つとなりますので、生理前にカフェインを摂取することは自分自身でPMSを悪化させる手助けをしていることになります。

 

カフェインがもたらすマイナスの効果

 

 

PMSの症状にカフェインがマイナスの効果をもたらしてしまうわけですが、カフェインを摂取することでどのような症状が引き起こされるのでしょうか。

 

まず、カフェインを大量に摂取した場合、血管の収縮が起きてしまうため片頭痛などの頭痛を発症しやすくなります。頭痛が起きるとその痛みでイライラが増すことになりますし、イライラが続けばストレス過多にもなるのでストレスによる体への影響も出ることになります。

 

カフェインの過剰摂取はホルモンバランスを崩すことも分かっていますので、ホルモンバランスの崩れによりさらにPMSの症状が悪化する恐れもあります。

 

症状を悪化させないためには?

 

PMSを悪化させないためには生理前にはカフェインを含んだ飲み物や食べ物を摂取しないように気を付けることが重要になります。

 

例えばコーヒーや炭酸飲料のコーラなどには大量のカフェインが含まれていますし、体調が優れない場合に飲む栄養ドリンクなどにもカフェインが含まれています。

 

その為それらの摂取を出来る限り控えるようにするとカフェインによるPMS悪化を防ぐことが可能になります。お茶にもカフェインは含まれていますので、大量に飲むことは出来るだけ避けたほうが良いでしょう。

 

特に習慣的にコーヒーやお茶を飲んでいる人は、生理前には飲む量を出来るだけ減らすようにするとか、カフェインを含んでいないノンカフェインのコーヒーや飲料に切り替えてみることでPMSの症状を緩和することが出来るでしょう。

▽ 生活、食事改善で治るくらいなら、元から酷いPMS症状は出ません。50代まで続くPMSに振り回されないよう早く改善させるサプリを紹介しています。