エクオール(サプリ)小林製薬の発酵大豆イソフラボン

小林製薬のエクオール

 

「命の母」でおなじみ、小林製薬のサプリメント「エクオール」は、主に更年期障害に悩む女性の間で注目されています。そして、「エクオール」は更年期障害だけでなく、生理前の精神的、肉体的に不快な症状、PMS(月経前症候群)にも効果があるサプリメントなのです。

 

更年期障害とPMSは症状も似た部分も多いですが、その原因も共にホルモンバランスの変化によるものと考えられています。その対処法として効果的なのが、ホルモンバランスを整える方法です。

 

「エクオール」は、効率的にホルモンバランスを整えてくれる画期的な商品として話題となっています。

⇒ エクオール 公式サイトへ

 

大豆イソフラボンと関わりのある「エクオール」とはどんな成分?

 

ホルモンバランスを整える食品としてよく挙げられるのが、豆腐や豆乳などの大豆製品です。大豆に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きがあるため、ホルモンバランスを調整してくれます。

 

大豆イソフラボンの働きは以前から広く知られていることで、積極的に大豆製品を食事に取り入れている方も多いのではないでしょうか?しかし、この大豆イソフラボンによるPMS解消、更年期症状軽減の効果は、効く方と効かない方に分かれることが近年の研究で明らかになりました。

 

このことに関わりがあるのが、エクオールという成分です。大豆イソフラボンを食事から体内に取り入れると、腸内でエクオールという成分に変換されます。そして、このエクオールは女性ホルモンと似た働きを発揮し、さらに大豆イソフラボンよりも強い効果があるのです。

 

エクオールを体内で作り出せる人、作り出せない人が効果の違いに

 

ただ、大豆イソフラボンを摂取したからといって、誰でもエクオールを作り出せるわけではありません。大豆イソフラボンに含まれているダイゼインという成分は、「エクオール産生菌」という腸内細菌によって、エクオールに変換されます。

 

しかし、腸内にエクオール産生菌がいない(活動していない)人はエクオールを作り出すことができず、そのままダイゼインとして吸収されるのです。「スーパーイソフラボン」とも呼ばれるエクオールを作り出せるかどうかで、女性ホルモンを整える効果に違いが出てきます。

⇒ エクオール 公式サイトへ

 

体内でエクオールを作り出せる人は日本人では2人に1人

 

 

日本ではエクオールを作り出せる人は他の国に比べて比較的多いのですが、それでもおよそ2人に1人の割合とされています。さらに、若い年代ではエクオールを作り出せる人が少なくなり、これは大豆製品の摂取量に関わりがあるのではないかと考えられています。

 

積極的に大豆製品を摂ることで、エクオールを作り出せる可能性が高まります。そして、もっと効率良くエクオールを取り入れる画期的な方法がサプリメントとして摂る方法です。

 

女性の悩みをサポートする小林製薬「エクオール」のこだわりのポイント

 

 

製薬会社だからこそしっかりした製品の管理体制があります。製造過程でもとても衛生的であることは言うまでもありませんよね。

 

  • 発酵技術を駆使し、大豆イソフラボンを発酵させてエクオールを抽出
  • エクオールをサプリメントの形で効率良く摂取
  • 安心の「全成分表示」
  • エクオール以外にも女性の悩みに応える成分を配合

 

小林製薬のサプリ「エクオール」には有効成分であるエクオールの他に、

  • 更年期障害やPMSの改善に効果のある「ブラックコホシュエキス 」
  • 冷え性改善に効果のある「ヘスぺリジン」
  • 睡眠改善やリラックス効果のある「テアニン」

などこだわりの成分が配合されています。

⇒ エクオール 公式サイトへ

 

ホルモンバランスを整える「エクオール」を毎日補給して悩みを改善

 

生理前、更年期などホルモンバランスの乱れが起こると、

  • 気分がどんよりしてしまう
  • 意欲が落ち、何もやる気がおきない
  • ささいなことでイライラしてしまう
  • 腹痛や腰痛などの身体的な症状

など様々な症状が起こります。エクオールをサプリメントで補給することで、症状の改善へと繋がります。ただし、妊娠中、授乳中の方は女性ホルモンに影響を及ぼすため、お控えください。エクオールは、体外に排出されてしまうので、毎日の補給が推奨されています。

 

▽ 生活、食事改善で治るくらいなら、元から酷いPMS症状は出ません。50代まで続くPMSに振り回されないよう早く改善させるサプリを紹介しています。